大阪府豊中市にある歯医者 歯科 いちかわ歯科医院

  1. トップページ
  2. 院内感染予防の取り組み

Class B Sterilizer

院内感染予防の取り組み

滅菌について

医院において、使用した医療器具・器材の適切な処置は院内感染予防として非常に重要です。

特に歯科では多種多様な材質や性質の器材が多く、器材の処理方法は非常に重要かつ気をつけなければならない事柄です。

院内感染予防で重要なことは「菌を殺す」ことです。
ちなみにみなさんは「抗菌・除菌・殺菌・滅菌」の違いをご存知でしょうか?

抗菌 菌の増殖を防ぐ、または抑制する
除菌 菌を取り除く(菌を殺すわけではなく数を減らす)
殺菌 菌を殺す(ただし一部の菌を殺すだけでも「殺菌」となる)
滅菌 菌を殺す(殺菌とは異なり、菌を全滅※厳密には滅菌前の1/100万以下)

院内感染を防ぐためには、この「滅菌」でないと十分な対策を施しているとは言えないのです。

クラスB滅菌器(オートクレーブ)

クラスBとは

歯科医院では医療器具の滅菌処理のために、滅菌器とよばれる装置を使い、滅菌処理を施します。
この滅菌器には、最も厳しいとされるヨーロッパ基準のEN13060と呼ばれる規格で滅菌レベルを3つのクラスに分けられて定義されています。

クラス 種類 対象
Class N
クラスN
Naked Cycle 日本国内の歯科医院で最も多い滅菌器のクラスです。
真空ポンプを備えず、重力を利用して蒸気で空気を置換する仕組みで、基本的には未包装の固形物を滅菌します。
Class S
クラスS
Specific Cycle クラスNと後述のクラスBとの中間のクラスです。
クラスNに空気除去性能を備えた仕組みで、基本的には滅菌器の製造メーカーが指定する被滅菌物を滅菌します。
Class B
クラスB
Big Autocrave Cycle 3つのクラスの中で最上位のクラスです。
当医院で導入している滅菌器です。
真空ポンプを備え、包装内や器材内部における空気除去、蒸気浸透が可能な仕組みで、固形物のほか、多孔質物や内腔物を滅菌します。

当医院で導入しているクラスB滅菌器は、ヨーロッパ基準(EN13060)である「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」という定義がなされた滅菌器です。
歯科治療では唾液などの体液に触れたり、抜歯など出血を伴う「治療」をする事は日常茶飯事です。 そのため歯科医院には「人から人へ感染を予防するために高度な衛生管理と器材の消毒滅菌を徹底すること」が求められます。


国内の導入率はわずか5%未満

日本国内においての、クラスB滅菌器の普及率はわずか5%未満(2014年時点)です。もちろんクラスB滅菌器の導入が義務付けられているわけではありませんが、本当に患者さんのことを考えたら必要不可欠だと考えています。
歯科用CTを用いた診療は根管治療においては、より的確な治療を実現し、またインプラント手術においては必須となっています。同じように細菌感染が原因の感染症である歯周病の治療をはじめ、あらゆる院内感染の可能性をなくすためには、「クラスB滅菌器」の導入は必須と考えます。
「常に清潔であること」
当院では衛生的で、本当に安全な歯科医院として信頼される感染予防対策に全力で取り組んでおります。

クラスB滅菌器「シロナDACプロフェッショナル」

ハンドピース専用滅菌機「シロナDACユニバーサル」

滅菌の前に・・・洗浄の段階で熱水消毒と消毒

新型コロナウイルス感染症対策

歯科医院の感染予防対策

新型コロナウイルス感染症発症から1年以上が経過し、次第に歯科医院での治療が通常に戻りつつあります。
当初において、歯科医院は観血処置が多く、また空気汚染(エアロゾル)も発生しやすいため、感染のリスクが高い場所という認識がありました。
しかし1年以上が経過し、新型コロナウイルス感染症の院内感染のニュースはほとんど聞かれません。日本歯科医師会の発表でも「<歯科治療>を通じて患者の中での新型コロナウイルスの感染は1件もない」とコメントが出ています。
このことは高い基準で歯科医院では感染リスクを抑えられている事が証明されている、と言えるでしょう。
ではなぜ歯科医院での感染リスクが高いはずなのに感染リスクを抑えられているのか?歯科医院において多少の違いはあるかもしれませんが感染予防対策をしっかり行っている事が大きいかと思います。
どのような対策がされているのか、当院での感染対策と併せてご紹介させていただきます。

このページの上へ