大阪府豊中市にある歯医者のいちかわ歯科医院

  1. ホーム
  2. 院長コラム

Column

院長コラム..

保険切り替えと木で鼻を括るお役所仕事①

もう梅雨ですかね。ちょっと一段落なので書いてます。 さて「木で鼻を括る」って意味わかりますか?こんな言葉最近は全く使いませんよね。そんなんが子供の国語の練習問題に出てくるんです。死語なのか、美しい日本語なのかはさておき、世の中いろんなところにずれが有るものです。 さて、今の保険制度、医療機関の窓口では保険証を提示して負担割合を支払うのは皆さんご存知かと思いますが、保険証って時々変わるんですよね。会続きを読む

歯周組織再生材 リグロス

久々の更新になります。 ここのところ立て込んでおりましてなかなかこちらに手が回らなくて…と言い訳ですが、この土日で講習会のはしごをしてきました。 まずは「リグロス」です。(といってもこれだけですよ。) 世界初、歯周組織再生剤と銘打ってあるのが興味を引いたので行ってきたわけですが講演は大阪大学歯学部付属病院病院長の村上先生(教授)です。私が学生の時、先代の岡田教授の頃からニ十有余年の研究の集大成とい続きを読む

数量限定ルシェロホワイトセット発売

あっという間に3月になってしまいました。 結構バタバタしておりましてなかなかコラムに手が回らない状態です。 なので今回は手抜きですがちょっといいお話。 これ結構お買い得です。そんなに数がないのでご希望の方はお早めに。   ルシェロホワイトの歯ブラシとセットパッケージです。 お値段はペーストのみと同額1940円(税込)。 最近のホワイトニング系のペーストでは私もイチ押しで当院でもスタッフは続きを読む

私が思う満たさなければならない歯科用CTの条件 part.2

さて前回挙げさせて頂いた、私が思う満たさなければならない歯科用CTの条件の二つ目です。一つ目は「見えること」でした。 ②被ばく量が少ないこと 歯科用CTの放射線量(被ばく量)は医科用の頭部や胸部のCTに比べてはるかに小さい値です。しかし通常のパノラマレントゲンよりは多いです。改めてCTのページでも表記いたしますが歯科用CTの放射線量は気にするレベルではありません。日常生活でも年中自然界から放射線は続きを読む

雪が積もりました。

今朝目覚めたらあたりは一面の銀世界。新聞を取りに玄関先まで出たところスキー場のような寒さ。その上路面は凍結です。滑る滑る・・・、おおっと、いけません。昨日からセンターテストに中学入試なので言葉を慎まないと。ここ利倉西で雪がつもるなんてことはめったにないのですが、まさに「冬はつとめて」なんて気分になりました。そんな気分で今日は試験に挑まれたのでしょうか?受験生諸君。枕草子のごとく昼になりてぬるくゆる続きを読む

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。   昨年同様私事で恐縮ですが、2016年9月4日で当いちかわ歯科医院は丸10年を迎えることができました。これも周りの方々、地域の方々に支えられてのことであると感謝しております。 これからの10年、20年も今まで以上に頑張ってやっていきたいと思います。 ご挨拶の感じも、毎年毎年繰り返しではありますが、それはそれでまた良い続きを読む

イルミネーション始まりました。

  今年も12月に突入してしまいました。最近は個人宅でのイルミネーションもめっきり減ったしまいましたが当院では細々と継続中です。クリスマスまでの間しばしお楽しみください。

私が思う満たさなければならない歯科用CTの条件

さて前回挙げさせて頂いた、私が思う満たさなければならない歯科用CTの条件 ①見えること ②被ばく量が少ないこと ③コスト についてお話ししたいと思います。 ①見えること 当たり前のことですが、最近はどこのメーカーも以前より良くなっている印象を受けました。しかしここは好みの問題かなと思う部分もあります。ショールームやセミナーで見せられる症例は比較的綺麗なものが多いので実際のところは比較はしにくいです続きを読む

CTって何ですか?え、レクサス??

さてみなさん、CTと聞いて何を思い浮かべますか? 頭部、胸部・・・医科病院での検査ではお馴染みの検査機器ですが最近は歯科領域でも外すことのできない機器になりつつあります。平たく言えば、立体的なレントゲンです。私が開業した10年前、パノラマレントゲンがアナログ(現像液を使ったフィルムタイプ)からデジタル化(コンピューターでモニター表示)され始めた頃でした。当時最新鋭だったパノラマデジタルレントゲン、続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 17

このページの上へ