大阪府豊中市にある歯医者のいちかわ歯科医院

  1. ホーム
  2. 院長コラム

Column

院長コラム

新幹線大爆破、じゃなくて爆遅!7年目の3.11

いやいや、今帰ってきました。 本日、名古屋でセミナーがあり朝から出かけていたのですが、なんと停電で新幹線が止まってしまいまして。夕方名古屋駅で結構混んでいたので「誰か有名人でもくるのか?」くらいに考えていたのですが、ぼっちめしを終えて駅に戻るとさっきより混んでいる、ん、何かおかしいなあ、と思ってよーく見ると新幹線が止まっているではありませんか?それも既に一時間半。「これはやばいなあ」、しかしここか続きを読む

マウスガードでスポーツな一日でした??

本日診療後にスポーツマウスガードのセミナーに行ってまいりました。知り合いの先生の講演でしたので、是非ともと思って準備をしておりましたが、家を出ようかなと思っていた時に羽生は金メダルやわ、もう一人の羽生(畠田理恵の旦那さん)は負けるわでてんやわんやで遅刻しそうになりました。で、「今日本中が歓喜の渦の中にいてるんかなあ?」と思いながら阪急電車に揺られておりました。 この時期毎年ではありますが受験シーズ続きを読む

イルミネーションの準備

最近朝がすごく冷え込んでまいりました。このままいったら来年にはマイナス50度くらいになるん違うかなんて古い漫才のネタにありましたがもうすぐM1グランプリ決勝ですね。根っからの関西人の私としては紅白やレコード大賞より気になります。今年もあっという間に師走、年とると早いです。さて昨日は勤労感謝の日、次のインプラントのオペのシュミレーションやらイルミネーションの準備やら診療以外の仕事はしていたのですがよ続きを読む

またまた出ましたよ。使い回しのお話。

7月最初の日曜日。朝から目覚めの悪い記事を発見。 「歯削る医療機器、半数使い回し…院内感染の恐れ」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00050111-yom-soci 一応コピペしておきます。   この手の記事がが出るたびに「うちはやってます!!」的な自慢大会に思われるのも嫌なのですが、ちょっとだけだしときます。そもそもなぜ感染対策が続きを読む

保険切り替えと木で鼻を括るお役所仕事②

前回の続きです。 実際、保険証がどうなっているのかは月ごとにチェックして請求を出すわけですが、一応こんな場合当院では役所などに問い合わせをします。 そこで最近よく聞くのが「個人情報なのでお答えできません。」です。 こちらも困るので「そしたらどうしたらいいですか?」となるのですが、 そうすると「いったん10割負担で患者さんからいただいで、保険証が確認だできたら返還してあげて下さい。」ってそんなことわ続きを読む

数量限定ルシェロホワイトセット発売

あっという間に3月になってしまいました。 結構バタバタしておりましてなかなかコラムに手が回らない状態です。 なので今回は手抜きですがちょっといいお話。 これ結構お買い得です。そんなに数がないのでご希望の方はお早めに。   ルシェロホワイトの歯ブラシとセットパッケージです。 お値段はペーストのみと同額1940円(税込)。 最近のホワイトニング系のペーストでは私もイチ押しで当院でもスタッフは続きを読む

私が思う満たさなければならない歯科用CTの条件 part.2

さて前回挙げさせて頂いた、私が思う満たさなければならない歯科用CTの条件の二つ目です。一つ目は「見えること」でした。 ②被ばく量が少ないこと 歯科用CTの放射線量(被ばく量)は医科用の頭部や胸部のCTに比べてはるかに小さい値です。しかし通常のパノラマレントゲンよりは多いです。改めてCTのページでも表記いたしますが歯科用CTの放射線量は気にするレベルではありません。日常生活でも年中自然界から放射線は続きを読む

雪が積もりました。

今朝目覚めたらあたりは一面の銀世界。新聞を取りに玄関先まで出たところスキー場のような寒さ。その上路面は凍結です。滑る滑る・・・、おおっと、いけません。昨日からセンターテストに中学入試なので言葉を慎まないと。ここ利倉西で雪がつもるなんてことはめったにないのですが、まさに「冬はつとめて」なんて気分になりました。そんな気分で今日は試験に挑まれたのでしょうか?受験生諸君。枕草子のごとく昼になりてぬるくゆる続きを読む

私が思う満たさなければならない歯科用CTの条件

さて前回挙げさせて頂いた、私が思う満たさなければならない歯科用CTの条件 ①見えること ②被ばく量が少ないこと ③コスト についてお話ししたいと思います。 ①見えること 当たり前のことですが、最近はどこのメーカーも以前より良くなっている印象を受けました。しかしここは好みの問題かなと思う部分もあります。ショールームやセミナーで見せられる症例は比較的綺麗なものが多いので実際のところは比較はしにくいです続きを読む

CTって何ですか?え、レクサス??

さてみなさん、CTと聞いて何を思い浮かべますか? 頭部、胸部・・・医科病院での検査ではお馴染みの検査機器ですが最近は歯科領域でも外すことのできない機器になりつつあります。平たく言えば、立体的なレントゲンです。私が開業した10年前、パノラマレントゲンがアナログ(現像液を使ったフィルムタイプ)からデジタル化(コンピューターでモニター表示)され始めた頃でした。当時最新鋭だったパノラマデジタルレントゲン、続きを読む

1 2 3

このページの上へ