大阪府豊中市にある歯医者のいちかわ歯科医院

  1. ホーム
  2. 院長コラム
  3. 新型コロナ 今だからこそスタンダードプリコーション

Column

院長コラム

新型コロナ 今だからこそスタンダードプリコーション

新型コロナの感染が広がっていますが、皆さん体調いかがでしょうか?学校が休みなり、会社も在宅勤務や時差出勤が増えているようです。いまは感染拡大を防ぐというのは難しいようなので、少しでもましになるように不要不急の外出は控えたいと思っていますが、この機会に感染について再考してみたいと思います。

歯科医院での感染については以前からたびたび述べてきましたが、今回のコロナウイルス、新型ゆえにまだまだ未知のことがあるようですが基本的にコロナウイルスはエンベローブウイルスで、感染経路は飛沫感染と接触感染です。
まずは接触感染。歯科器具の使い回しが以前から問題になっていますが(また近々歯科業界でも話題になるんじゃないかなと思っていますが)やはりタービン類(歯を削るドリル)や口の中に直接入る器具には注意が必要です。やはり滅菌にかけるべきかと思いますが、まだまだ進んでいないようです。今おそらくミラーやピンセットなどの基本セットと呼ばれるものを滅菌していない歯科医院はないと思いますが、バーやファイル、咬合紙ホルダーやリムーバーなども極力滅菌すべきだと考えています。患者さん自身もこれだけマスクだアルコールだと騒がれているわけですからそちらにも目を向けてください。
次に飛沫感染ですがウイルスは非常に小さいので水分を伴って空中に舞い上がり漂っています。とはいっても永遠に漂っているわけではなく重量で落ちるわけですがこれをキャッチしてやるに越したことはありません。そこで強力な空気清浄器や口腔外バキュームもあるに越したことはないでしょう。口腔外バキュームもセントラルタイプの各チェアに備え付けのものが望ましいことは言うまでもありません。
しかしながら外科の手術室のような環境で言うのは難しい話です。もちろん患者さんが望まれて自費診療なら可能かもしれませんし実際そういう医院はありますが、現実的には難しいでしょう。なのでいかにそんな環境に近づけていくか。100%は無理でもより感染リスクを下げるとう意味では今回の政府の休校措置も同じような感じなのかなと思っています。お母さんたちの間では4月から学校が新学期を迎えられるのかといった懸念の声が上がっているようですが、我々もできることからやっていこうではありまあせんか。ここ1~2週間が正念場だと聞いています。もうすこしの間頑張りましょう。

 

 

Print Friendly, PDF & Email

この記事が書かれた日:2020年03月08日

カテゴリ:未分類, 院長コラム

このページの上へ