大阪府豊中市にある歯医者のいちかわ歯科医院

  1. ホーム
  2. 院長コラム
  3. 口腔がん検診の必要性

Column

院長コラム

口腔がん検診の必要性

あっという間に三月も後半、桜の花がそろそろ咲きそうなシーズンになってきました。近所の小学校でも卒業式がありまして、最近は袴姿の女の子も珍しくなくなりました。時代というものは常に変わりゆくものです。
当院では最近クラゲが一匹壊れて(死んで?いや死んでではないな)しまいまして3匹になってしまいました。当の本人はさほど気にしていませんでしたが、目ざとく見つけられる患者さんがおられるんですよ。「ようそんなとこまで見てるなあ。」と感心させられました。
さて三月、大阪で口腔がんに関するセミナーが二週連続でありました。堀ちえみさんが舌癌を公表して非常に注目を集めております口腔領域の癌、舌癌、歯肉癌、悪性黒色腫etc、私が学生時代は一生にうちに何ケースかお目にかかる程度と習いましたが最近は増加傾向、特に若い女性に増える傾向にあるそうです。当院でも一過的ではありますが問い合わせが増えておりました。通常の検診の患者さんでも「この口内炎は癌と違いますか?」みたいな。皆さんが心配になるのはごもっともですし、今後よりいっそう気を付けなければいけない、また早期発見できる体制も作っていかなければならないわけですが、必要以上に恐れることはありません。口腔がんになる方は10000人に1人くらいです。ただこういった機会を前向きにとらえ、我々も真摯に取り組んでいきたいと思っています。「ようそんなとこまで見てるなあ。」の精神で。(2019.3.21)

 

Print Friendly, PDF & Email

この記事が書かれた日:2019年03月21日

カテゴリ:未分類, 院長コラム

このページの上へ