大阪府豊中市にある歯医者のいちかわ歯科医院

  1. ホーム
  2. 院長コラム
  3. クラスB クラスS クラスN SクラスEクラス

Column

院長コラム

クラスB クラスS クラスN SクラスEクラス

先週の豪雨で西日本各地では大変なことになっているようですが、通常は雨の少ない瀬戸内地方、以前離島診療させて頂いていた関係でゆかりのある場所もあり心を痛めておりますが、二次災害の恐れもあるということで当該エリアの方々はくれぐれ気をつけて頂きたいと思います。

さてこちらは第二弾の工事もようやく終わり、いよいよクラスB滅菌器が導入できました。さてクラスB滅菌器についてちょっとお話しします。歯科の滅菌器、オートクレーブにはクラスBのほかにクラスS、クラスNというのがあります。詳しくはHPでも説明しますが、要約してお話しします。

通常、歯科の滅菌器はクラスNです。私も開院当初そうでしたし、追加で入れたものそうでした。10数年前、クラスBなんて言葉自体聞くこともあまりありませんでしたが、タービンの使い回し問題が出てからですかね。当院は平成21年からDACユニバーサル(ハンドピース滅菌器)を導入しておりましたので何も問題なかったのですが、便乗するかのように、
「クラスBでないと、滅菌バッグの中まで届いてませんよ。」
なんて話が出てくるようになりました。
「今までの歯科の滅菌て何やったの?」と首をかしげたくなりますが、最近では開院当初からミーレ+クラスBを導入する意識の高い先生方もおられますので、私もまだまだ負けていられません。ただ導入コスト、ランニングコストは通常のクラスNに比べたら倍以上です。それでもここを頑張りたいと思う気持ちが少しでも伝わればありがたいです。そんなクラスBのおかげで某外車のSクラスどころかEクラスさえほど遠いです。

 

以前のコラムでも述べましたが、滅菌は愛なのです。これは私の言葉ではありません。滅菌に熱心なある先生のお言葉です。ただ、正直ここまでやらなあかんのか・・・という思いもないわけではないのですが、やるんですよ。それがいちかわ歯科医院です。見えないところだからこそ、しっかりやっていきたいと思います。

 

 

 

 

Print Friendly, PDF & Email

この記事が書かれた日:2018年07月12日

カテゴリ:未分類, 院長コラム

このページの上へ