大阪府豊中市にある歯医者のいちかわ歯科医院

  1. ホーム
  2. 院長コラム

Column

院長コラム

第18回 卵が先か、インプラントが先か?戦略的抜歯

今年最後のコラムになりました。振り返ってみると歯科の治療内容からすこしはなれた感じの話が多かったように思いますので今回はインプラントの話に触れたいと思います。今年のはじめにインレーブリッジのお話をしましたが、今回は一本の歯が欠損の時の修復方法について述べてみたいと思います。前歯でも奥歯でもかまいませんが、今回は何らかのかたちで一本だけ抜けた状態を想定してください。 ●ブリッジ(保険適応、セラミック続きを読む

第17回 混合診療の是非(臨時増刊)

さる11月7日、東京地方裁判所で混合診療について画期的判決が出されました。内容的には混合診療への保険適用を認める初判断だったわけですが関係者らには波紋を呼んだようでした。原告の清郷(きよさと)伸人さん(60)は「厚生労働省は全面解禁すべきだ」と語ったそうですが、厚労省は「解禁の予定はない」と反発。一方で、混合診療解禁を求めている患者支援団体からは「無原則に認めるのは問題」との声もあり、問題は複雑な続きを読む

第16回 のこった、のこった、のこった、踏み倒し~

まず最初にお知らせですが、前回後期高齢者医療制度のお話をしましたが、どうやら一年ほど先送りになるとの事です。ここのところ食品、ガソリンと値上げラッシュで財布にも寒い季節になっておりますが財源の問題はさておき、とりあえずはよかった?のではないでしょうか。そして日本シリーズはどちらが勝つのでしょうかね。 そんな中、先日テレビで窓口負担の不払い、俗にいう踏み倒しが横行しているというのを見ました。特に公立続きを読む

第15回 後期高齢者医療制度と乳幼児医療費助成制度

少し秋めいて気ましたね。そろそろあちこちで運動会のようです。唐突ですが来年の春から後期高齢者医療制度が始まります。今の老人医療制度がこれにかわるわけですがこの制度、いったい何なのでしょう?一般の方々には名称が変わっただけのお話のようですが果たしてどうでしょう?簡単に少しだけお話しましょう。 まず後期高齢者の意味ですが、一般に65歳以上を高齢者と呼んでいます。このうち75歳以上の方を後期高齢者、65続きを読む

第14回 一年経ちました  9月は敬老の日、めざせ8020

今年の九月で当院は開院して丸一年になります。このコラムもゴールデンウイークのプラス1回を含め今回が14回目となりました。なんとかここまでやってきたなあと言うのが実感ですが、ご近所の方々をはじめ応援してくださった皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。まだまだ至らないところはたくさんありますが、気の付いたところから一つずつなおしていきたいと思いますのでご意見、ご感想がございましたらお聞かせ下さい。続きを読む

第13回 入れ歯リサイクル、でも本当の入れ歯リサイクルって・・・

参議院選挙も終わり、高校野球の開幕も迫り、夏真っ只中といったところでしょうか?ここ利倉西でも盆踊りが終わり夏祭りにむけて始動したところです。 さて、先日テレビでも話題になっておりましたが入れ歯リサイクルをご存知ですか?不要になった入れ歯を回収してそこから金属だけを採取し、換金してユニセフに寄付しようといった心温まる話です。全国から続々と不要になった入れ歯が集まってきているそうです。しかしそんなに不続きを読む

第12回 コムスン介護保険不正請求で退場

六月に入ってから年金問題とコムスンの問題でずっとごたごたしていましたが、今年は梅雨明けも早いとのことで早いところすっきりしてほしいものです。さて今回のコムスン問題、介護報酬の不正請求に端を発し、処分逃れの事業所廃止などという姑息な手段に出たのが裏目に出て、親会社グッドウィルの人材派遣のピンハネ問題まで取り上げられる始末です。談合、年金、ライブドア、朝鮮総連・・・、そしてわれわれの歯科医師会の献金問続きを読む

第11回 3MIXが使えない! 保険治療って駄目なの?

陽気のせいか、格差拡大のせいか最近物騒な事件が多いですね。歯科に関しても技官まで巻き込んだ金銭絡みの事件が情けない限りです。さて今回は患者さんとのやりとりのなかで、保険診療について時々皆さんが勘違いされている、また誤解されている点にスポットを当ててみたいと思います。まず最初は、年配の方に多いケースですが、 Q、保険の治療って駄目なの?A、いいえ。そんなことはありません。まず最初にお断りさせていただ続きを読む

第10回 お医者さんが足りない、歯医者は足りてます

GW中の新聞に病気腎の万波医師の記事と福島大野病院の産婦人科の医療事故の記事が並んで掲載されていました。前者に関して現段階では万波医師の対応は見苦しく非常に残念です。後者に関してはエラーはあったようですが必死に頑張っているのに報われず刑事罰まで受けようとしている産婦人科の医師が気の毒でなりません。今回は後者について書いてみたいと思います。皆さんもご存知のように全国的に産婦人科医や小児科医が不足して続きを読む

第9回 水銀に環境ホルモン、歯医者は公害のデパートか?

「先生、アマルガムは水銀なんじゃないんですか?」 以前歯科材料でよくつかわれたアマルガムという材料があります。内容的には水銀を主とする金属化合物なのですが、水俣病の原因になったメチル水銀とは違うものです。これを口の中にいれていたからといって水俣病にはなりません。では全く無害かというとそうでもないようです。ただ私も含め現在は歯科界でも不使用の方向に動いています。 同様に何年か前にビスフェノールAが問続きを読む

1 2

このページの上へ